HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>読んだ本

イスカリオテ

イスカリオテ (電撃文庫)イスカリオテ (電撃文庫)
(2008/11/10)
三田 誠

商品詳細を見る


一年間だけ、死んだ兄のふりをしてほしい―。そう乞われ、久瀬イザヤが降り立った御陵市は、七つの大罪を具現する「獣」と戦うための都市であった。地脈の特異点より現れ、人を喰らい、街を蹂躙する「獣」。それに対抗しえるのは、神の奇蹟を模倣するという断罪衣と、少女の姿をした第九祭器・ノウェムだけ。「この街は、あなたを愛するでしょう」そう告げたノウェムとともに、イザヤは兄のニセモノとして、この都市で「獣」と戦うことになるが…。三田誠が放つ、罪と罰の織りなすアイロニック・アクション、開幕


レンタルマギカの作者である三田誠さんの電撃レーベルでの新シリーズ。
ヒロインはノウェムでいいよね!?人形なのに意外と表情豊か…なんていいんだ!!
玻璃さんはさ…なんというか優等生過ぎて…ねぇ?
あと作品全体に漂っている(いい意味での)厨ニ病チックな雰囲気がけっこう好きです。

ですが戦闘描写が多くて全体的にちょっと単調になっているのが気になりました。またちょーっと主人公がねちねちしててあんまり好きになれないタイプです。脇役を固めるカルロ神父などはいいキャラ出しているのでそこら辺に追々期待です。

この記事のトラックバックURL

http://coldweb.blog62.fc2.com/tb.php/87-4fa40c28

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。