HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>読んだ本

ダイナー

ダイナーダイナー
(2009/10/23)
平山夢明

商品詳細を見る


ひょんなことから、プロの殺し屋が集う会員制ダイナーでウェイトレスをする羽目になったオオバカナコ。そこを訪れる客は、みな心に深いトラウマを抱えていた。一筋縄ではいかない凶悪な客ばかりを相手に、カナコは生き延びることができるのか?暗躍する組織の抗争、命がけの恋―。人の「狂気」「恐怖」を描いて当代随一の平山夢明が放つ、長編ノワール小説。

なんつーの?エログロ?あ、エロスはあんまないや。

いやー清々しいほどのバイオレンス。「こんなダイナー(アメリカ式の定食屋)あるはずねーよ」と人は言うかもしれないが「いや?もしかしたら…」と思わせてしまう力があるね、この小説には。常識ってのはどこにあるんだろうか…
死の恐怖、生きることの辛さ、嫉妬や妬み、負の感情がこんなにも集まるとこういう小説になるとは驚き。けど作中を通して僅かに見え隠れする生きることへの希望、それがいい具合のスパイスになって不思議な読後感を提供しています。


そして帯文に書いてあったことに凄まじく共感

「平山さんの、人として間違ってるところが好きです。本谷有希子」

うむ、まったくだ。

この記事のトラックバックURL

http://coldweb.blog62.fc2.com/tb.php/168-9108e993

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。