HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>読んだ本

ビスケット・フランケンシュタイン

ビスケット・フランケンシュタイン (メガミ文庫)ビスケット・フランケンシュタイン (メガミ文庫)
(2009/05)
日日日

商品詳細を見る


一九九九年。半信半疑で語られ続けた大予言が、大いなる肩透かしとなった世紀末の世の中で、その異変は密やかに始まっていた。少女の身体を蝕みやがて死に至らしめる奇妙な「病」と、病の申し子としてこの世に生まれ出た「美しき異形」の数奇な運命を描くダーク・ファンタジー。

ビスケというと某ハンター漫画を思い出すなぁ…

体の一部が変異していく奇病に侵された少女達の体の一部継ぎはぎして誕生した現代のフランケンシュタイン『ビスケ』。彼女は生まれた研究所を脱走して街を彷徨う…

彼女に関わった人たちがどのような考えを持って行動し、そしてどのような末路を辿ったのかが淡々と描かれています。全体的にサイコパスな印象が強いのですが、人と関わることで結構人間臭くなったビスケがそういう暗い印象を和らげているような感じがします。最後もハッピーエンドかと言われるとちょっと違いますが、こういう結末もありなんじゃないかな?と思います。

現代のフランケンシュタイン『ビスケ』がどのような足跡を残したのか…是非読んでみてください。

この記事のトラックバックURL

http://coldweb.blog62.fc2.com/tb.php/141-ae2ef780

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。