HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>読んだ本

蒼穹のカルマ

蒼穹のカルマ1 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ1 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/01/20)
橘 公司

商品詳細を見る


蒼穹園上空、高度二千メートル。抜けるような青さ、絨毯のように敷き詰められた層積雲が広がる空に突如現れた不純物―空獣。その不純物を駆逐し、飛空するひとつの騎影。長い漆黒の髪を踊らせ、空を舞う鎧を身にまとい、空獣の血で空を彩る騎士・鷹崎駆真。「任務完了だ」落ち着き払った声を発し、いかなるときにも狼狽えることのない彼女の鉄仮面。ある日、彼女に空獣警戒の緊急任務が言い渡される。蒼穹園の空を護る彼女の返答はもちろん…、即座に拒否!?えっ、ええ!!その日、駆真には任務よりも大事なことがあった!!第20回ファンタジア長編小説大賞準入選作、暴走し、駆ける


人前では冷徹、孤高、そして毅然としているヒロイン駆真、でも大事な姪である在沙が少し指を切っただけで大慌て!このギャップがたまりませんなぁ。

話の内容はまさにごった煮。緊急任務を言い渡された後どうやって話を膨らませるかと思ったら…こうくるとは!なんともいい意味で裏切られた感じ。
在沙の○○を鑑賞するために駆真は様々な試練を乗り越えていくわけですが、道中色んな意味で在沙にだけデレッデレな駆真に思わずニヨニヨしてしまいましたわ。いやーたまらんねぇ!

富士見ファンタジアでは久々のヒットの予感。続編にも期待大といったところです。

この記事のトラックバックURL

http://coldweb.blog62.fc2.com/tb.php/119-a56e73d8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。